収穫シリーズ_②


-ジャガイモの収穫-

6月に入り、梅雨入り後の晴れ間を狙ってジャガイモを収穫しました(上の写真参照)。この収量だと9月一杯で食べ尽しそうです! 品種は「キタアカリ」、北海道で開発され1987年に新種認定された品種ですが、味が気に入っているのでここ数年この品種を栽培しています。種イモは1月中旬、299円/1キロで購入し、3月中旬に大型のコンテナ10ヶに植えつけました。5月半ばには下の写真の様にしっかり繁茂し、;

DSC_0229
キタアカリ作付状況

今年は順調かと思いきや、その後例年になく強い風が何度も吹き荒れ多くの茎がなぎ倒されて、最終的には例年よりちょっと収穫量が少なくなってしまいました。

ジャガイモというのは、米、麦、トウモロコシと並んで主食にしている国もあることから、品種改良が進み、病虫害に強くあまり手間をかけないでも多収が期待できる極めて優秀な作物です。屋上栽培でも殆ど手間をかけずに育ってくれる“かわいいやつ”です。

ご承知の方も多いと思いますが、ジャガイモは“二度芋”とも呼ばれるように、暖地であれば一年間に二度栽培できる作物です。8月末あたりに収穫した芋の残りを使ってもう一度栽培をしてみようかと思っています(収穫は11月~12月)。

-春大根のテスト栽培-

昨年は、冬場我が家で需要の多い大根(漬物、鍋、など)を自給する計画を立て、ほぼ成功致しました。直径42センチ。深さ40センチ程の大きなコンテナ10ヶに1ヶあたり最終的に3本となる様に種を蒔き(9月末)、12月から翌年の3月初めまで合計30本順次収穫して楽しみました。

大根_1

春野菜は虫との戦いになりますが、冬大根の成功に味をしめて3月末暖かくなった頃、コンテナ2ヶ分だけ大根の種を蒔いて試してみましたが、思いのほか順調に育ち来年からはもう少し規模を大きくして栽培してみようかと思っています;

春大根
春大根

以上